About us

2016-03-10 19:12:00

※ご予約について

ランチ、ディナー共に予約は電話にて、2か月先の同日まで(4月27日の電話で6月27日まで)承っております。

メールでのご予約は受け付けておりません。

尚、ディナーの当日予約は16時までの電話で、席がご用意できましたら可能でございます。

予約受付時間は10:00から21:00です。

営業時間中は状況により電話に出られない場合がございます。

ご理解の程よろしくお願い致します。

 

※ご来店について

中学生(13歳)未満のお子様のご来店をお断りさせていただいております。

(大人と同じおまかせコースをお召し上がりいただけるお子様の同伴とさせて頂きます。)

 

皆様のご理解、ご協力誠にありがとうございます。

 


2016-03-10 00:23:00

We accept reservations up to two months in advance.

(If you wish to make a reservation for December 17th, we take it from October 17th.)

To make a reservation, please call us at +81 742 22 9707, not by email.

Our reservation line is open from 10am to 9pm but we might not be able to answer the phone when we have guests already in the restaurant.

Thank you for your understanding.

 

Business hours:

Lunch 12:00 – 13:30 (L.O.) WedSun

Dinner 17:3020:30 (L.O.) Tue – Sun

We are closed on Monday and the last day of the month.

 

Children under 12 years old are not allowed in the restaurant.

 


2015-08-22 15:20:00

「白」と書いて「つくも」と読みます。この店名には様々な想いが込められ、そして結び付いて生まれたものです。

 我々の国には、九十九年目の生誕の日を祝う習わしに「白寿」があります。 百から一を、取り除いた字が「白」そして引いた数が九十九(つくも)です。

 

 限りなく完璧に近いが僅かに足らず。しかし九十九と百の間には永遠が存在します。

 

 また、古くは先人の方々から受け継がれてきた感性に、完璧を良しとせず敢えて未完成に仕上げる 「未完の美」 という美意識が存在します。

 そこには遊び心があり、そしてその先に未来を感じる事ができます。    

 

 更に「白」一語には色彩を始めとして、多くの意味が存在します。 

 

 物事の始まり、純粋、神聖、誠実、美しさ、儚さ

 

・・・そして、無の境地です。

 

   


2015-08-22 13:25:00

Our restaurant is called Tsukumo. 
The Chinese character (‘kanji’) adopted is 白, which primarily means ‘white’. But to a Japanese ear ‘tsukumo’ means ‘ninety-nine’. How can this be? 
We have chosen a simple kanji but infused it with both an unusual reading (‘tsukumo’) and with more complex meanings than everyday usage would allow. Let us try to explain. 
Kanji are an essential part of the Japanese language. They are difficult to learn because they often have several readings and several meanings. Furthermore there is great poetic licence to be had with endowing one kanji with the reading and meaning of another. 
To reiterate, 白means ‘white’ and is usually read as ‘shiro’ in Japanese, not ‘tsukumo’. But this kanji also has other related meanings, including ‘pure’, ‘clear’, ‘holy’ and ‘a spiritual state of nothingness’. Therefore the meaning of the kanji chosen for our restaurant invokes an image of simplicity and purity. 
But there is more to it than that, because the unusual reading of ‘tsukumo’ – ninety-nine – remains unexplained. We wanted to appeal to a widespread esteemed essence of Japanese culture, that of the beauty of incompleteness. And for this, we have to turn to numbers. 
‘One hundred’ has a sense of completion; of perfection. ‘Ninety-nine’, on the other hand, is very close to completion and perfection, but not quite. In our restaurant, we strive for these qualities every day, but there is always room for improvement and we never fully achieve a perfect hundred. This is a cherished notion in Japanese culture, one that values a modicum of modesty in our daily efforts. So ‘tsukumo’ means ‘ninety-nine’; ‘incompleteness’. The final step in the puzzle is to explain how ‘tsukumo’ can be transplanted onto a kanji which we know represents ‘whiteness’, ‘simplicity’ and ‘purity’. 
The answer lies in playing with the shape or form of kanji. ‘One hundred’ is written as百; (number) ‘one’ is written as 一. The latter looks like a dash, or an extended index finger. Notice the pictorial similarity between our chosen kanji – 白 and 百. The difference in form is just the presence or absence of the top line – the dash symbolising ‘one’. 
Removing the top line of 百, is, in effect, to be playing with numbers while simultaneously arriving at a different kanji – 白 – with a completely different meaning. It is in effect suggesting the basic calculation of 100 minus 1 equalling 99. ‘Tsukumo’ is 99. And here lie the complex fusion of meanings with the unusual reading of the name of our restaurant: the whiteness and purity combined with the beauty of incompleteness; the Japanese essence of ninety-nine. spiritual state of nothingness.


2015-08-20 14:58:00

西原理人(にしはらまさと) 1977年生まれ。 高校卒業後、「京都嵐山吉兆」の門を叩き料理人としての道が始まる。 
10年間の修行期間では料理は無論の事、それ以外の多くの事もここで学ぶ。 
創業者である湯木貞一氏が日本料理を総合芸術の域にまで高めた功績に深い感銘を受け、華道、茶道、書道を学ぶ。料理人としての礎となる基本的な事、それに感性や心構えは吉兆で形成された。 
京都には卓越した多くの職人が各々の分野で専心している。そうした方々のお力添えを受け、蕎麦打ちや作陶にも尽力し野菜に関しては京野菜伝統農家の14代目が作りだす野菜に出合い、土作りから学んだ。京都修行の後2年間を軽井沢にあった蕎麦懐石の名店「東間」で働く。ここでは季節観をはじめ風土、土地柄、歴史などの背景をもとに献立を構成し、その土地ならではの料理を自らの手で創造し提供するという喜びを知る。 2009年、京生麩の老舗「麩嘉」の7代目に見出されニューヨークで初となる精進料理店「嘉日」の初代料理長を任され3年の任期を務め上げる。  
在職期間の2010年にはアメリカのRising star chefに選出、2011・12年度のミシュランNYでは2つ星を獲得、2012年にはスペインで行われる世界的な料理学会Madrid fusionから招待を受ける。その後、予てからの願いであった吉兆時代からの師と共に働く。その為にLondonへ渡り日本料理店「UMU」で3年を過ごす。海外で得た貴重な経験が、現在の西原の料理に大きく影響を与えている。 海外から日本へと料理を表現する場を移し、選んだ場所が日本最古の都、奈良である。 古の文化と雄大な自然とが渾然一体となっており、シルクロードを伝い異国文化を取り入れながらも日本独自の感性を表現している。それは西原の目指す料理哲学と一致した。 


1 2